ヒノキチオールとは?

ヒノキチオールについて

ヒノキチオールは、化学的に非常に特異な7環構造をしたフェノール系の物質です。

天然樹木精油の中で、ヒノキチオールは青森ヒバ油の中に約1〜2%と
最も多く含まれています。

ヒノキチオールという名前から、日本のヒノキに含まれている様に思われがちですが、
通常の日本のヒノキには、ほとんど含まれていません。

なのにどうして、ヒノキという言葉が名前についているのかと言うと、
ヒノキチオールが最初に発見された木が「台湾ヒノキ」だったからです。

台湾ヒノキは日本のヒノキとは異なる木で、ヒノキチオールを
成分として含有しています。

しかし現在では、台湾ヒノキの自生数はかなり減少しており、
ヒノキチオールを抽出する原料としては厳しい状況になっています。

現在、製造されている天然ヒノキチオールは、
青森ヒバの木を原料にしたものばかりです。

ヒノキチオールは水には溶けにくい有機化合物ですが、100ppm程度の
低濃度でも多くの雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える力があります。

ごく微量で効果を発揮することから、人や動植物に対する毒性が気になりますが、
そのような心配はなく、ヒノキチオールは以前から化粧品や養毛剤に使われていますので

安心して使用することが出来ます。

特に、青森ヒバ油由来の天然ヒノキチオールは、
食品添加物(保存料)にも認可されています。

ヒノキチオール単体では、白っぽい粉体で昇華性があります。

化学合成でつくられた合成ヒノキチオールもあり、効果のほどは
天然ヒノキチオールと同等です。


posted by ハツイク at 09:19 | TrackBack(0) | ヒノキチオールとは?
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。